2019年11月2日(土)、第3回インパクトゼミが東京・日本橋にあるここ滋賀にて行われました。第3回のゲスト(インパクトメーカー)には内閣府男女共同参画局長 池永肇恵氏 をお招きし、講演していただきました。

インパクトゼミ公式HPは以下まで
https://www.sdgsimpactlab.org/project/impactseminar

《ジェンダー問題について多くの人に理解を》
池永局長からは「若者と女性が活躍するには」をテーマにお話していただきました。池永局長は、育児や家事と女性への負担が大きいこと。また、SDGsとのつながりについて話してくださいました。

《学生・生徒のSDGs Actionの発信》
「私のSDGs Actionの発信」では、群馬県立館林女子高校の女性学実行委員会のみなさんと、芝浦工業大学SDGs学生実行委員会‐綾いと‐の藤田さんの全学生5名が登壇しました。群馬県立館林女子高校のみなさんからは、災害とジェンダー平等の問題解決について話していただきました。芝浦工業大学の藤田さんからは、自身が代表を務めるSDGs学生実行委員会‐綾いと‐の活動内容についてのお話をしていただきました。

《交流から生まれる多様な考え方》
2つのテーブルに別れて行うディスカッションは、各テーブルのファシリテーターがテーマを設定し議論していきます。参加者の積極的な発言が議論を深めるきっかけになりました。
学校も年齢も違う様々な参加者が混ざり、実り多い時間となりました。
この交流から特にジェンダー平等は日々、私たちの生活に密接に関わっていると理解し、日常生活でも意識していくように活動していきたいです。

《次回のインパクトゼミについて》
第4回インパクトゼミは12/12(木)、立命館大学 大阪いばらきキャンパスにて開催されます。次回ゲスト(インパクトメーカー)には立命館大学理工学部の教授である近本智行氏をお迎えします。