2019年7月25日、東京 外務省にて実施されました、SDGsに取り組む大学生と河野外務大臣との対談として、当法人 理事の戸簾隼人が出席しました。

当対談では、若者がどのようにSDGsに向けた活動をおこなていくのか、どのようなマインドが今求められているのか、また今の若者の就職活動に対する考えの甘さなど、様々なことをお伺いすることができました。その話の中でも「今やると決めたことを卒業後も活動を続けることのできる若者が必要だ」といった、励みになるような言葉もいただけました。

今後とも、都会・地方に限らず様々なところから、社会とインタラクティブに繋がり、マイプロジェクトを持った生きるチカラを持つ次世代のインパクトメーカーを養成のために、活動を続けてまいります。

参考リンク:JAPAN SDGs Action Platform | 外務省朝日新聞社 GLOBE+