2020年2月7日(金) 京都市国際交流会館にて、みやこKAMADOKIプログラム ステークホルダー交流会「輪づくりSDGs」を開催しました。
本企画では、みやこKAMADOKIプログラムの受講生や協力してくださった皆さまや、関心のある皆さまにお集まりいただき、今年度の活動報告と今後のプログラムについて話し合うワークショップを行いました。

活動報告では、みやこKAMADOKIプログラムでの活動の様子を記録した動画を見ながら活動を振り返りました。実際にプログラムに参加した学生やプログラムを作ったコーディネーターの方にインタビューをしてプログラムでの気づきや学びを共有しました。

受講生へのインタビューの様子

 

プログラム受け入れ先へのインタビュー

 

その後、話題提供として、大久保 勝仁さん(JapanYouth Platform for Sustainability)、松田 直子さん(株式会社 Hibana)よりご講演いただきました。SDGsや社会課題に取り組むマインドや必要なことについて、自身の経験を踏まえお話していただき、ディスカッションのテーマについて考えるヒントとなりました。

ディスカッションでは、5人チームに分かれて「学生が社会課題解決に関わるには」をテーマに学生が参加したくなるプログラムについて意見交換を行いました。
新しいアイデアやこれまでのプログラムに対する改善案など、来年度のプログラムの参考となる数多くのアイデアをいただくことができました。

SDGsスタジオコース成果物展示