インパクトゼミGENIEが企画!
高校生による中高生のための
「ビヨンド・コロナ・コンテスト」開催中!

2020.5.17

世界を揺るがす事態となった新型コロナウイルス。史上初となる緊急事態宣言、そして外出自粛や在宅ワーク、ソーシャルディスタンスなど、これまでの暮らしを大きく変えていくことが余儀なくされています。

 

そんな中、立命館守山高等学校インパクトゼミの学生チーム「GENIE」が、オンラインコンテストを企画しました。GENIEは、文系・理系を融合させて新しい発想につなげようと、性別も年齢も超えて活動しているチーム。この度の企画は、外出自粛期間で「新しく学んだこと」や「感じたこと」をオンライン上で発表し、希望や可能性を世界に発信しようというもので、その名も「ビヨンド・コロナ・コンテスト」です。

 

チームの代表を務める富岡大貴さん(立命館守山高校3年)は、「学生は外出自粛するだけで何もできないと感じたのがきっかけ。高校生でも簡単に始められる、日本を明るくするプラットフォームを作りたいと思って、開催することにしました。高校生がコロナから学んだこと、インフラを支えてくれている人々への応援メッセージなどを集め、日本中の人に見てもらうことで希望につながれば」と話しています。

 

応募はスマホだけでできてとても簡単。
『チャレンジ』『ゴハン』『オウエン』という3つのテーマを選んで、コメントと写真をLINEで提出します。

 

募集は5月31日(日)まで、中学生・高校生なら誰でも応募できます。

 

あなたのチャレンジを世界に発信し、日本を元気にしませんか。

Produced by SDGs Impact Lab.